いたばしクリニック

お電話でのお問い合わせ
Tel.0466-86-7788

あかちゃんの病気

Medical

発熱

あかちゃんの発熱は、こわい病気が隠れていることがあるため、早い診察と正確な診断を行うことが大切です。『何℃以上が発熱でしょうか?』というご質問がよくあります。37.5℃以上を発熱と考えるのが一般的ですが、赤ちゃんは環境により体温が容易に変化します。服を何枚も着た状態だと、熱がこもって体温が上昇することがありますし、逆に寒いところに長時間いると、体温は低下してしまいます。

生後6か月頃までは、通常お風邪にかかることはないため、発熱などの症状がみられる場合は早めに受診するようにしましょう。特に生後3か月頃までの発熱は、髄膜炎や尿路感染症などの可能性がありますので、すぐに小児科を受診するようにしましょう。

嘔吐(ミルクをはく)

あかちゃんの嘔吐は、子育てのなかでしばしば経験します。げっぷに伴ったものや、哺乳量が多かった場合など、病気ではない嘔吐もありますが、病気による症状であることもあり、新生児および乳児に特有の病気や、手術が必要な緊急を要する病気が原因であることもあります。この時期に嘔吐の症状がでる病気としては、感染性胃腸炎の他、肥厚性幽門狭窄症、胃食道逆流症、腸重積、中腸軸捻転、腸閉塞などの胃や腸の病気が挙げられます。これらは超音波検査で診断が可能です。その他、先天性胆道拡張や脳腫瘍、水頭症など、胃や腸以外の病気でも嘔吐がみられる場合があります。

嘔吐が続くと、脱水となって全身状態が悪くなるため、早めの対応が必要です。また、緊急を要する病気が隠れていることがあるため、嘔吐の症状が続く場合やぐったりしている場合は、医療機関を早めに受診して、超音波検査での詳細な評価と適切な治療を行うことが重要です。

不機嫌(機嫌が悪い)、泣きやまない

あかちゃんが不機嫌になる理由は様々ですが、分類すると実はそれほど多くはありません。『抱っこしてほしい』、『眠たい』、『お腹がすいた』、『(どこかが)痛い』、『その他(感染など)』に大きく分けることができると思います。抱っこしても泣きやまず、寝かせようとしても寝ず、哺乳させようとしてもしてくれず、ずっと不機嫌なままの場合は、『どこかが痛い』か『何かに感染している』可能性があります。排便前の腸の動きは、あかちゃんにとって不快もしくは痛みとして感じる場合があるようで、不機嫌の原因となることがあります。この場合は経過観察のみで改善したり、もし便秘傾向である場合は、浣腸により排便を促すことで改善が得られます。しかし、『どこかが痛い』場合や『何かに感染している』場合は、原因を正確に特定しなければ、適切な治療を行うことができません。

『痛い』ものの一例として、『腸重積症』が挙げられます。これは、超音波検査で正確な診断が可能です。その他、『感染』としては、突発性発疹や手足口病などのウイルス感染症や、尿路感染症などの細菌感染症が挙げられ、発熱など他の症状の有無や、必要に応じて各種検査を行うことにより診断を行っていくことになります。

血便(うんちに血が混じる)

『おむつを交換したら、便に血が混じっていた』ということは、頻度はそれほど多くはありませんが、子育てのなかで経験することがあります。この場合、最も大切なことは、『機嫌はどうか』ということです。普段と変わらず、機嫌よく笑っていて、哺乳にも問題なければ慌てる必要はありません。逆にもし機嫌が悪かったり、嘔吐を伴ったりしている場合は、急いで医療機関を受診しなければなりません。なぜなら、そのような状態は『腸重積症』である可能性が高いからです。

『腸重積症』は超音波検査で診断可能で、早期に診断し、治療を行うことが重要です。血の付着したおむつは診断の参考になりますので、受診時に持参するか、スマートフォンで撮影しておくようにしましょう。

皮膚の発疹

あかちゃんの皮膚は敏感で繊細です。『乳児湿疹』や『おむつかぶれ』など、皮膚に症状が出ることがしばしばあります。あかちゃんの時から皮膚のケアをしっかり行うことは、その後の成長においてとても大切です。また、ウイルスの感染などでも、皮膚に発疹が出ることがあります。皮膚に気になる症状があれば、一度受診するようにしましょう。