いたばしクリニック

お電話でのお問い合わせ
Tel.0466-86-7788

子育てと家選び

Medical

はじめに

皆さんは「住まい」をどのように決めていますか?

一人暮らしであれば駅に近いワンルームマンション、新婚生活を始めたばかりであれば少し広めの賃貸マンション、家族が増えれば一戸建てやファミリー向けマンションというのが一般的かもしれません。

ここでは、子育て世代がどのように「住まい」を選んでいけばよいかについて、考えていきたいと思います。

①最優先したいこと

「住まい」には、購入した戸建てやマンションの他、賃貸や社宅など、様々な種類がありますが、これらの種類に関係なく、子育て世代に最も優先していただきたいことがあります。

それは、何より『住まいの安全と安心』です。

『安全と安心』というのは、単に建物が丈夫か、築年数が浅いか、などという構造的なものだけではありません。もちろん、それらも大事なのですが、子育てには『住まいの環境』がとても大切です。

住居の前にある道路が、とても交通量が多い場合を考えてみましょう。大人であれば、何も感じないかもしれませんが、2~3歳のこどもにとってはどうでしょうか。少し道路に飛び出てしまっただけで、大変なことになってしまう危険性があります。

その他、屋外環境には、階段(段差)や溝など、大人にとっては気にならないものが実はとても危険な場所となっていることは多くあります。

では、どうすれば『安全と安心』を確認することができるでしょうか。

それは、ずばり『こども目線で住環境を見つめてみる』ことです。

こども目線で見ることで、大人目線では気づかなかった事を発見できることがあります。

こどもの安全のために、現在の住居の周囲や、これから住もうと考えている場所の周囲を、改めてこども目線で再確認してみましょう。

①最優先したいこと~安全と安心の確認はこども目線で!~

②近日公開予定!

近日公開予定!